東京・大阪・名古屋のデータ復旧会社 パソコンデータ復旧 HDD,USBメモリ復旧のデータ復元は格安データ復旧.bizへ

事例紹介


「Windowsが起動しない、リカバリすれば直るがデータは諦めるしかない。」

↑それ、間違いです。当サービスでは…
①データは消さなくてOK              →リカバリしてもデータをきちんと保護
②リカバリしなくてもOK、設定もデータもそのまま! →絶対にリカバリしたくない方はこちら。

  メーカーに電話して「リカバリしてください」と言われたら是非ご相談ください!!

システムエラー


突然こんな画面が出てきて困ったことありませんか?
そのほか、Windowsのロゴが延々ループする、ログイン画面で止まる。
黒い画面に白字でご迷惑をおかけします…というメッセージが表示され(参考写真)支持通り選択しても再起動を繰り返す等…

メーカーに問い合わせるとほとんどの場合
「リカバリしてください。リカバリする以外方法がありません。保存しているデータはすべて消えますがご了承ください」
と言われます。

しかしこの提案、パソコン業界のプロとしては適切な方法とは言えません。


その理由として…
①データは消さなくてもよいケースが殆ど
②リカバリすれば直るとは限らない

Windowsが起動しなくてもデータは残っている!

メーカーサポートセンターの場合電話での操作案内が基本となります。
従って、どうしても電話で指示出来る範囲に操作が限られ、必ずしも適切な対応がとれない事が多いのです。

まず①、Windowsが起動しなくなってもデータ自体は残っています。
これはWindowsのシステムが何らかの原因によって起動出来ない状態となっていても、保存しているデータ自体には
何ら障害は発生していないからです。適切なプレセスを踏み、適切な操作によってかなり高い確率でデータを保護することが可能です。

実はメーカーサポートセンターでは「わからないものはリカバリ」で対応するという方針があります。
その理由として、第一にコールセンターはメーカーの社員が運営しているのではなく第三者の企業である専門の業者に外部委託しています。
委託を受けた会社はメーカーから
1,受信率(某社の場合は90%以上)
2,対応時間(一案件につき30分以内)
3,オペレーター一人の一日処理案件(8時間労働で20件程度)などの目標が定められいます。

当然委託を受けた業者はこれらを守るため、処理の率をあげる必要があります。
そのため、やや語弊がありますが、ややこしい案件はリカバリという方針があります。

Windowsが起動しないは100%リカバリ指示。
Windowsが起動しないという現象はメーカーサポートセンターの問い合わせの約半数にも及びます。
しかしながら電話で操作案内という方法はWindowsガキどうしない時点で出来る事は何もありません。
コールオペレーターに出来る事はせいぜいマニュアルに書いてあるリカバリの方法の案内だけです。

②リカバリしても直らない、HDDにダメージがあるケース。

Windowsが突然起動しなくなる現象で最も多い原因はHDDに故障。
メーカーや巷のパソコン屋さんですとおそらく「ウイルスなどが原因でWindowsにシステムエラーが生じた」と答える事が多いです。もちろんそういった原因により起動しなくなることもよくあるですが、

しかし本当はHDDのエラーが原因と言うことも多いのです。

健全なHDD

                      

HDD正常


不良が発生してるHDD


HDD不良



赤い部分がエラーです。緑色の部分が正常な部分で、突然起動しなくなるWindowsの原因の殆どがこのHDDクラスタエラーなのです。
赤い部分にあるデータは読み取ることが出来ません。従って、その部分にWindowsの起動に必要なファイルがあるとシステム異常が発生し、Windowsを起動させる事が出来なくなります。


リカバリすれば直る!?

しかし、やっかいなことにこれが軽度な場合、リカバリすればとりあえず起動するようになります。
ですが、やはりHDDがダメージを受けているので、時間が経つとまた起動しなくなります。


当サービスではHDDのエラー自体を修復し、読み取れなくなったデータも復活!!
このエラーは軽度であればある程度修復することが可能です。もちろんこういったサービスはメーカーでは対応してくれません。

また、HDDが修復不可能、交換した方がよい場合は新しいHDDに交換した上データをすべて移行させる事も可能です。
大切なデータをより確実に、安全に守りたい方。是非ご利用を検討ください。

無料お見積もり、お申し込みはこちらです